抗うつ剤の種類、作用が知りたい!抗うつ剤について詳しく教えて!

服用している薬を検索した経験ありませんか?自分が飲んでいる薬がどんなものか知ると安心しますよね。抗うつ剤にも入眠効果の高いものや、意識が低下していたり強い痛みがあったりする際に服用するものなど様々な種類があります。効果・副作用を知って自分に合った薬を見つけて下さいね。

© 抗うつ剤の種類、作用が知りたい!抗うつ剤について詳しく教えて! All rights reserved.

20173/15

抗うつ剤を投与するとはどういうことなのか? うつ病の症状とその原因

近年増えてきたうつ病ですが、どうしてうつ病になるのかを知っていますか。
まさか、気持ちの問題だという人はいませんよね。
今回は鬱という病気に迫っていきたいと思います。

うつ病の症状

うつ病になると精神面でも肉体面でも、症状が現れます。
精神面だと、抑うつ状態で気分が落ち込んだり、希望が持てなかったり、思考力が低下し決断力や注力が落ちたり、意欲が低下して趣味に興味を持てなかったりといった状態になります。

肉体的にはなかなか眠れない、寝た気にならない、何度も目を覚ますといった睡眠異常や、食欲がなくなる、ホルモン異常、疲労感や倦怠感といった症状が出ます。
たくさんの症状が出ますが、決定的な症状というのがわかりにくいため、うつ病だという自覚がない人がいます。
本来、睡眠異常が続くだけでも病院に行くべきですが、慣れてしまうと異常であると感じられなくなってしまうわけです。

鬱になる原因

うつ病のスタートはストレスです。
ストレスが過度にたまると、自律神経を乱します。
ストレスとは要するに緊張状態ですから、交感神経が働きますので、交感神経ばかりが働く状態になります。

副交感神経が働かないため、睡眠などから十分な休養をとることが出来ず、消耗していきます。
そうしているうちに今度は、神経伝達物質が減少して、交感神経も働かなくなります。
これがうつ状態なのだそうです。
ですから治療として、抗うつ剤を投与して神経伝達物質を増加を促します。

気持ではない

神経伝達物質を自分の意志でどうにかできる人がいた場合は、気持ちの問題なのかもしれませんが、普通の人はできません。
ですから、もしも自分が鬱なのは心が弱い身体と思っている人がいたら、病気ですので抱え込まずに病院に行くようしてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20173/15

うつ病を改善するためには抗うつ剤を投与する以外に何をすべきか

うつ病になったからと言って、すべてが終わるわけではありません。 うつ病は病気なわけですから、改善することが可能です。 今回はうつ病を改善…

20173/15

抗うつ剤も買える個人輸入代行サイトの選び方と個人輸入で気を付けること

個人輸入で抗うつ剤を手に入れようと思うと、個人輸入代行サイトを使うのが最も簡単な方法ではないでしょうか。 しかし代行サイトを使うときには、…

20173/15

抗うつ剤を個人で購入するために 個人輸入と個人輸入代行サイト

抗うつ剤は個人輸入することで、病院に行かずに手に入れられるようです。 どうしても病院に行けない場合には、利用するというのも手ではありますが…

ページ上部へ戻る